• ホーム
  • 性病ごとの性病治療にかかる病院でのコストの比較

性病ごとの性病治療にかかる病院でのコストの比較

2019年07月19日
落ち込んでいる男性

性病にかかる方の割合が増えています。
性交渉を開始する年齢の低年齢化などに伴ってしっかりした性感染症の知識なしに性交渉に及んでしまうことが多かったり、どのような症状が出るのかという知識がなく性病感染の自覚症状がないまま性交渉を繰り返してしまう方が増えて病院では性病で来院される方が増えています。

病院で性病治療を行う性病にはカンジダ症、クラミジア、性器ヘルペスなど多くの種類があります。
これらの性感染症は真菌によるものやウイルスによるものなどがありますがどの病気も、初診料、診察料性病治療薬の料金とかなりのコストがかかります。
トータルで5000円から1万円ほどかかってしまうケースもあります。
病院での性病治療はかなりコストがかかるものなのです。
しかも性感染症は再発する可能性も高いので、その度にコストがかかってしまうのでは、節約のために通院を控える方が出てしまいかねません。
そうするとさらに完治しない方が性交渉を繰り返しますます感染者を増やしてしまうことになってしまいます。

中には再発した方は個人輸入などで以前クリニックで処方された性病治療薬と同じものを購入することもあります。
こうした個人輸入の場合は通院して性病治療薬を購入するコストの半分で薬を入手することができるケースもあります。
一番かかりやすい性病ともいわれるヘルペスにはバルトレックスという抗生物質が有効ですが、予防のために前もって通販で入手する人が増えているそうです。
バルトレックスの通販での入手方法をまとめたサイトもあるため、気になる方はチェックしてみることを薦めます。
婦人科や泌尿器科でデリケートな箇所を診察してもらわなければならない性病はなかなかクリニックに通うのが煩わしく感じてしまう方も多くいらっしゃいます。
そのような方で、以前クリニックにかかったことのある方は、自分で抗生物質や抗菌薬を入手して利用するのも、性病を完治するための方法となります。
できるだけ早い薬の服用が高い効果を発揮して病気を確実に治療する手段となります。