• ホーム
  • 性病に効く性病治療薬の国内シェア率が普及される背景について

性病に効く性病治療薬の国内シェア率が普及される背景について

2019年08月12日
患者と話し合っている医者

性病とは字のごとく、性行為によって感染をもたらす症状のことを指します。
これらは、おもに血液を経路として感染する傾向にあり、梅毒や淋病などが国の伝染病に規定されています。
梅毒は、細菌が潜伏してから発症する性病の一種で、皮膚の潰瘍・リンパ節の異常、ついには臓器の腫瘍にまで至ります。

こうした背景があることから、性病治療薬の国内シェア率は高いように思えますが、まだ浸透には至らないのが現状のようです。
しかし、最近ではインターネットを通じて性病治療薬が販売される環境が整いつつあるので、国内におけるシェア率は増加される見込みがあります。
先述した梅毒の性病治療薬については、数種類の医薬品が鎮座されており、副作用の心配がほとんどないのが特徴です。
中でも、シェア率の高い医薬品Aはペニシリン系の抗生物質で、梅毒の細菌だけでなく大腸菌・インフルエンザ菌にも効果が高いものとなっています。
医薬品Bも、抗生物質が主成分になっていますが、併発される扁桃炎や中耳炎にも効をなす働きがあります。

淋病は、淋菌の感染によって起こる性病で、梅毒と双肩をなすほど認知されている病気です。
尿道に発症されることから、性器に激しい痛みがある特性があり、さらには母子感染するおそれがある症状です。
こうした症状に対する性病治療薬には、ニューキノロン系の抗生物質が主成分となっています。
国内で販売されているものの多くがこれに該当し、呼吸器の粘膜に付着した細菌にも効能があるのが特徴です。
インターネットでの通販にて購入できるメリットには、やはり性病治療薬が処方されるには時間がかかるところにあります。
性病に対する薬を服用することは、自身の治療を早めるものとなり、それがいつしか国内のシェアを拡大させるものと捉えることができます。